子供向け簡単レシピ_人参ジュースの作り方【メリット・デメリット】

人参ジュース

美容と健康に良いと人気の人参ジュースですが、ネットには賛否両論の情報が溢れています。

我が家でも数年前から親子で週2回くらいの頻度で人参ジュースを飲んでいますが、結論から言えば、現代の子育てには人参ジュースは絶対に必要だと考えています。

今回は、この人参ジュースを子供の食育に取り入れる際に気をつけるポイントを紹介していきます。

人参ジュースとは?

人参ジュースが注目されたきっかけは、ドイツ人医師のマックス・ゲルソンさんが提唱したゲルソン療法で人参ジュースを大量に摂取することで、がん、心臓病、腎臓病などの治療に効果があるとして世界中に広まりました。

ゲルソン療法では、治療のために毎日1リットル以上の人参ジュースを飲むことが必要だとしていますが、これは、人参ジュースに含まれるαアルファカロテンβベータカロテンの抗癌作用による治療効果を期待したもので、成長期の子供の栄養摂取を目的とする場合は、ゲルソン療法を参考にする必要は無いと思います。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』マックス・ゲルソン ゲルソン療法

人参ジュースの健康効果

活性酸素除去効果が高い

人参ジュースに含まれるβベータカロテンは、体内に入るとビタミンAに変化し高い抗酸化作用を発揮します。これにより、体が酸化することを防ぎ、視力回復を助けたり、髪、皮膚粘膜の保護喉、肺などの呼吸器を守るなどの効果が高まります。

現代の食事には砂糖や炭水化物など大量の糖分が含まれており糖化酸化)の原因になっていたり、ストレスや化学物質などの影響により体が酸化しやすい環境にあるので、この人参ジュースの活性酸素除去能力が子供の成長には必要なのです。

免疫力を高める

生搾りの人参ジュースには、多くのビタミンがバランス良く含まれており、他にもカリウムなどのミネラルも豊富に含まれているので、体内の栄養バランスが最適になり免疫力を高める効果が期待できます。

野菜などに含まれるこれらの栄養素を生の状態で体内に吸収することは通常の食事では難しいので、人参ジュースでフードエンザイム(酵素)を含んだ新鮮な栄養素を摂取することは、子供の成長のためにはとても効果の高いものだと思います。

腸内環境を整える

生搾りの人参ジュースには、沢山の食物繊維が含まれており、これが腸内細菌の餌となり腸内環境を良くしてくれるのです。

実際に、週2回人参ジュースを飲んでいる私達親子は、便秘などで悩んだことは一切ありません。腸内環境が良いということは、免疫力が高まるのはもちろん美容効果も高まるので、女性にはとっては嬉しいのではないでしょうか。

人参ジュースのデメリット

腎臓病治療中の人は要注意

人参ジュースにはカリウムが豊富に含まれていますが、カリウムは高いデトックス効果が期待できるので健康な人には必要なミネラルですが、腎機能の低下により高カリウム血症になっている人は、腎臓がカリウムを正常に排出できなくなっているのでカリウムを摂取することを控えなくてはいけません。これについては、適量なら健康効果が上回るとの理論もありますので、気になる方は調べることをオススメします。

ビタミンC破壊酵素にレモン汁

生搾りの人参ジュースには、アスコルビナーゼという酵素が含まれており、これが体内のビタミンCを壊し活性酸素除去能力を低下させてしまうので、数滴のレモン汁を混ぜてこの酵素の働きを抑える事が必要になります。

人参ジュースの作り方

栄養豊富な人参ジュースを作るポイントは3つあります

  1. 人参を前日から水(ミネラルウォーター)に漬ける
  2. 低速ジューサーを使う
  3. 生レモンを半分絞り入れる

人参を綺麗に洗ったら、ミネラルウォーターに漬けて必要なら冷蔵庫で保管しておきます。これにより人参が少し柔らかくジューサーで絞りやすくなり、ジュースの分量も増やすことができます。

※無農薬栽培の人参が手に入らず、農薬が気になる場合は、1で水に漬ける時に、下記で紹介する貝殻のカルシウムで残留農薬を除去する方法を追加して下さい。

水に漬けた人参は2〜3cm角でカットして下さい。

これをジューサーを使って絞るのですが、

生人参の栄養素を壊さず絞るためには、下記で紹介する低速ジューサーを使うことをオススメします。これらのジューサーは安くは無いですが、我が家でも週2回5年以上使用しても壊れることなく使用しているので子供の食育に人参ジュースを取り入れるならぜひ購入して頂きたいと思います。

最後に、生レモン半分を絞りかき混ぜて出来上がりです。

上記の方法で作ると

人参 1kg で、 700〜800mlのジュースが出来ます。

少し氷を入れた14オンスのグラスで約3杯分の分量になります。

現代の野菜は、昔に比べて含まれる栄養素が減っているとされています。

さらには、化学物質や電磁波などの影響により、子供の正常な成長のために必要な栄養を十分に摂取する事が難しくなっています。

今回紹介した人参ジュースを子供の食育に取り入れることで、簡単に子供の栄養不足を解消することが出来ますので、まずは、紹介した方法で人参ジュースを作ってみてくださいね。