91日_意志の力を観察する

佐藤大輔です。

今日もお仕事、家事、子育てお疲れ様です。

さて、今日のテーマは

『意志の力を観察する』

です。

お気付きかもしれませんが、
デイリー子育てアドバイスも
既に90回が経過しています。

ここまで継続して頂き本当にありがとうございます。

忙しい日々の中で実践を続けるのは簡単ではなかったと思います。

お子さんのために一念発起して頑張ってくれたことに、
心からの尊敬と感謝を捧げたいと思います。

さて、
この【デイリー子育てアドバイス】のメールも
あと数回で終わりとなりますが、

残りのメールでは、

あなたの子育てが
確実に成功するために必要なことを厳選してお伝えしていきます。

今回お伝えするのは、

”意志の力”

の話です。

私たち人間は命を持った生物ですが、
物理学的に言えば、

生物も、
目の前にあるスマホなどの物質も
もとを正せば同じ素粒子の塊で出来ているそうです。

しかし、
一方は、自分の意志で動く生物であり、
他方は、自分の意志では動かないただの物質なのです。

当たり前のようですが、
とても不思議な話なのです。

この違いが何なのかは、
未だ、科学でも見つかっていないようですが、

何となく、ここには見えない何かの力が働いているのだと想像できます。

この見えない力を、

”意志の力”

スターウォーズだと、
フォースの力などと言ったりもします。

私たち人間は、
この意志の力を使って活動しています。

この力は、人によって量が違い、
意志の力を沢山持っていれば、大きなことが出来るようになるイメージです。

例えるならば、
ここ一番で頑張って大きなことを成し遂げる人は、
この沢山の意志の力を正しく使い、事を成し遂げているのです。

お子さんの意志の力はどんな状態ですか?

お子さんの意志の力を観察してみましょう。

それは、

どのくらい満たされていますか?
どんな時に消耗していますか?
どんな時に補充されていますか?
どんな時に汚れていますか?
どんな時に浄化されていますか?

現代社会では、この意志の力を消耗させることが多くあります。

子供の世界も、昔より意志の力を消耗させることが増えています。

減ったり、汚れたりした意志の力を、
リカバリーするのは、家庭の子育てです。

毎日、外の世界で頑張ってきたお子さんの意志の力がどんな状態かを観察してください。

減っていませんか?
汚れていませんか?

子供の表面的な行動や言動を見て一喜一憂するよりも、
この意志の力を見てあげることが大切だと思います。

子供の意志の力を正確に見るためには、
私たち親が、無償の愛を持っていなければなりません。

曇った目では見誤ることもあります。

スターウォーズの話を知らない人にはピンとこない話になってしまいましたが、

子供を疑わず、無償の愛で見守り、
常に意志の力で満たしてあげることが、

【幸せな子育て】の秘訣です。

意志の力

感じて欲しいです。

子育てが、
どんどん楽しいものになることを願っています。

質問などあれば、いつでもメールください

それではまた

佐藤大輔

——————————————————-
■ 佐藤大輔メールアドレス(直通)
kodomo@tensk.jp

佐藤大輔(天輔)の著書一覧;
https://amzn.to/34ONfQH

92日_依存と孤立

佐藤大輔です。

今日もお仕事、家事、子育てお疲れ様です。

さて、今日のテーマは

『依存と孤立』

です。

大切なことなので補足します。

【幸せな秀才児の育て方】では、
ステージ2で家族の絆の重要性をくどいほどお伝えしています。

中には、

家族の形はそれぞれでいいのでは?

うちは子供を早く自立させたい!

などと考えている人もいますが、
今一度、この時期の子供にとって、
家族がどんな影響を与えるのかを考えて欲しいのです。

結論から言えば、

この時期に、
十分に家族に依存させず、
自立を急がせると、

ステージ4
19歳以降の社会で孤立しやすくなってしまうのです。

早すぎる自立は、孤立の原因になるのです。

ステージ2で、
家族への依存の欲求を満たした子供は、

ステージ3で、
家族を拠り所とし戦いながら自立していきます。

社会の中で、自分の居場所を確立していくので、
孤立することはなくなるのです。

一方、
ステージ2で、
家族への依存が不十分な状態で、

ステージ3で、
一人で孤軍奮闘戦っていると、
助けてくれる仲間を必要としてしまいます。

誰かの力を借りたり、すがったりしてしまうのです。

こうなると、
戦いのステージ3から逃げて、
早くステージ4に上がり、
人にすがったり、人からの助けを過度に求めたりするようになるのです。

人間は、一人では弱いのです。

欧米では、
子供を早くから自立させようとする傾向にあります。

その結果、
家族に頼らず、

政府の福祉、
宗教、
コミュニティ、

などに頼ることが多くなっています。

この事が悪いのではないのですが、
これらは、家族との絆がしっかりしていたら、
必要ないものです。

さらには、
ここにつけ込んでくる悪意もあるから問題なのです。

多くの場合

家族への依存 = 共存

で済みますが、

すがるものへの依存 = 支配(される)

になってしまうのです。

この事を甘く考えないで欲しいのです。

現代社会では、
孤立し孤独を感じ、
何かに依存して抜け出せない人も増えています。

こんな環境の中で、
昔以上に、家族の絆は重要になっていると私は考えています。

子供を早く大人にしなくていいと思います。

18歳までは、
子供の隣で一緒に子供の成功をサポートして欲しいのです。

それが、一生続く、家族の絆になるのです。

子育てが、
どんどん楽しいものになることを願っています。

質問などあれば、いつでもメールください

それではまた

佐藤大輔

——————————————————-
■ 佐藤大輔メールアドレス(直通)
kodomo@tensk.jp

佐藤大輔(天輔)の著書一覧;
https://amzn.to/34ONfQH

93日_なぜ目標達成できないのか?

佐藤大輔です。

今日もお仕事、家事、子育てお疲れ様です。

さて、今日のテーマは

『なぜ目標達成できないのか? 』

です。

私は、子育てサポートの他にも、
メンタルコーチとして、アスリートなどのメンタルサポートもしています。

メンタルトレーニングで、
試合で力を発揮しやすくしたり、
質の高い練習を積み上げるための習慣化などを教えるのですが、

実は、私の得意なことはもう一つあるのです。

それが、

”確実に目標を達成させる”

ことです。

多くの人が、自分の夢や目標を達成するために、
多大なる努力をしています。

しかし、
実際に夢を叶えたり、
掲げた目標を達成する人は多くはありません。

ほとんどの人が、

今年こそ!◯◯を達成する!

と毎年のように同じ目標を掲げているのではないでしょうか。

なぜ、多くの人は目標達成できないのか?

今日は、特別にこの秘密を教えます。

この秘密は、
大人も子供にも有効な目標達成メソッドですので、
確実に理解し活かして欲しいと思います。

私たち人間の中には、

3つの人格が共存しています。

・爬虫類くん
・哺乳類さん
・人間さん

の3人です。

例えば、

健康のために、
ダイエットで、3キロ痩せる!

と目標を掲げるのは、
進化、向上、リスク回避の欲求が優位で、
長期的視点で思考できる人間さんです。

人間さんは、目標を達成するために
最適な計画を立てて実行しようとします。

しかし、

この時に、爬虫類くんは、

「ダイエットのために食事制限なんて嫌だ!
甘いもの食べたい!」

「運動なんて疲れるから嫌だ!
グータラしていたい!」

と反抗してくるのです。

哺乳類さんも、

「今の貴方を好きな人もいるのよ。
変わる必要なんてないのよ」

「無理しなくていいのよ。
もっと自分に優しくしなさい」

と甘やかそうとしてくるのです。

このように、
人間の私たちが、何かをやろうとすると、
必ず、この3人の喧嘩が始まるのです。

そして、
この喧嘩で勝つのは、
いつも爬虫類くんか哺乳類さんです。

何も対策しなければ、
爬虫類くんと哺乳類さんが結託して、
人間さんの計画を邪魔ばかりするので、

人間さんが勝つことは不可能に近いのです。

これが、

ほとんどの人が、
目標達成できないメカニズムなのです。

では、

どうすれば、
このメカニズムを攻略し、
掲げた目標を達成できるのか?・・・

ずばり答えを言えば、

【幸せな秀才児の育て方】でお伝えした、
ステージ1,ステージ2、ステージ3を攻略することなのです。

爬虫類くんは、ステージ1の欲求が満たされていると
おとなしく人間さんに従うようになります。
かわいい赤ちゃんのようにスヤスヤと寝てくれるのです。

哺乳類さんは、ステージ2の欲求が満たされていると
人間さんに従順になります。
世話好きな母性あふれるママのようにバックアップしてくれるのです。

この状態で、
ステージ3の戦いに勝つテクニックを使うことで、
高い確率で、目標達成できるようになるのです。

なので、
【幸せな秀才児の育て方】を継続して実践している親子が、
レベルの高い夢や目標を達成する確率が高くなるのは必然なのです。

もう少し詳しく話せば、

3人が喧嘩する時に、
以前お話した”意志の力”が浪費されるのです。

邪魔する、爬虫類くんと哺乳類さんを説得する時に、
”意志の力”が大量に消費されるのです。

こんな事を続けていると、

常に”意志の力”は空っぽになり、
いざという時に力を出す事が出来なくなるのです。

まとめると、

【幸せな秀才児の育て方】のノウハウを実践し、
爬虫類くん、哺乳類さんをコントロールすることができれば、

”意志の力”の浪費を防ぐことができるので、

いざという時に、本領を発揮し、
大きな目標を達成できるのです。

いや〜
でも〜

は、爬虫類くん、哺乳類さんが邪魔している状態です。

メカニズム(理屈)を理解し、
人間さんの計画通りに行動すれば、

誰でも、目標達成することができるのです。

子供たちはもちろんですが、
大人の私たちも、
【幸せな秀才児の育て方】のノウハウを使って、
自らの夢や目標を叶えて欲しいと思います。

そのために、
疑問や相談などあれば、いつでもメールください。

これからも、ご縁を大切にし、
末永くサポートさせて頂きます。

それではまた

佐藤大輔

——————————————————-
■ 佐藤大輔メールアドレス(直通)
kodomo@tensk.jp

佐藤大輔(天輔)の著書一覧;
https://amzn.to/34ONfQH

94日_次回いよいよ・・・

佐藤大輔です。

今日もお仕事、家事、子育てお疲れ様です。

3ヶ月前に始めて頂いた【幸せな秀才児の育て方】も

明日がいよいよ最終回となります。

4時間を超えるビデオ授業、
大量に届いた私からのメール、

この3ヶ月で、子育てについて
沢山の知識を学び、実践をしてくれたと思います。

本当にありがとうございました。

この成果が、短期的なものではなく、
お子さんとご家族の将来のプラスになることを望んでいます。

様々な事情で実践が出来なかったことなどは、
また別のタイミングでプラスにして頂けたら嬉しいです。

さて、

最終回を前に、今日は、
あなたのこれからの人生を豊かにしてくれるスキルをお渡ししたいと思います。

子育てや仕事で、
私たちが幸せを感じるには、

他人との関わり方が大きな影響を与えます。

子育てが上手くいかずにイライラするのは、
子供(他人)との関わりが上手くいっていない状態です。

つまりは、
人間関係を上手くやつコツが分かれば、
子育て、仕事、恋愛・・・

全てが上手くいき、幸福感や豊かさを感じることができるのです。

では、お伝えします。

『完全理解』

”ヒトは、ただ理解されるために生きている”

これが全てです。

世にある多くの摩擦(問題)は、
理解できない、理解されないことが原因で起こります。

相手を理解し、相手に理解されていれば、
そこに摩擦は生まれず、
逆に、幸せに生きている実感を持てるのです。

私たちは、
この理解のために、
承認欲求、自己重要感・・・
などと難しい言葉を使い学問として学んでいますが、

要は、

相手を理解し、
相手に理解してもらう、

これだけ出来ればいいのです。

本当の真理は、
シンプルなものです。

完全理解

相手を理解する(ための行動をする)
相手に理解してもらう(ための行動をする)

これだけです。

具体的には、
相手の話を全力で聴く(傾聴)
思考、感情、行動の仕組みを理解する

など、テクニックは沢山ありますが、
子育てや家族との完全理解には、
こんなテクニックよりも、

理解したい!
理解してもらいたい!

という”無償の愛”があればいいのです。

なんで解ってくれないの?
なんでなんで・・・

これは、相手を自分の世界で支配しようとする
悪い依存の現れです。

相手に”無償の愛”を与えれば、
このなんでなんで・・・

が無くなります。

完全理解

相手を理解する(ための行動をする)
相手に理解してもらう(ための行動をする)

完全理解するために、今日まで学んだ知識と経験が役に立つはずです。

これからは、この知識と経験を活かし、
子供(他人)を深く観察し、他人との摩擦を減らしていきましょう。

これにも、時間がかかります。

しかし、少しずつでもこの摩擦を減らしていけば、
あなたの将来は、確実に明るく開けていきます。

子育て上手は、最高のマネージャー

といわれるように、
子育てが上手い人は、周囲を成功に導く事が出来るようになります。

そんな人が増えてくれることが、
私の望みです。

またいつでもなんでもメールください

それではまた

佐藤大輔

 

——————————————————-
■ 佐藤大輔メールアドレス(直通)
kodomo@tensk.jp

佐藤大輔(天輔)の著書一覧;
https://amzn.to/34ONfQH

95日_《最終話》一つに絞りなさい!

佐藤大輔です。

今日もお仕事、家事、子育てお疲れ様です。

いよいよ、最終話になりました。

今日まで、本当にお世話になりました。

少しでもお役に立てたなら幸いです。

早速ですが、
最後にお伝えするテーマは、

『一つに絞りなさい!』

です。

大人も子供も一緒ですが、
今の自分を成長させて、夢や目標を叶えるためには、
自分の力を分散させてはいけません。

私のメンタルトレーニングでは、

『フォーカス筋を鍛える!』

ことを習慣にしてもらっています。

フォーカス筋を鍛えるとは、

脇目も振らず、目標達成のために必要なことだけに集中しなさいということです。

これは、言葉で言えば当たり前のことですが、
多くの人が、

変わりたいけど変われない。
欲しい物が手に入らない。
夢が叶わない。
幸せになれない。
問題解決できない。

状態で一生を終えてしまうのは、

このフォーカス筋がユルユルだからなのです。

本来、私たちが持っている力はとてつもないパワーがあります。

これを、”意志の力”と呼びますが、
この意志の力をフォーカスして使えば、
他の人にできてることなら、自分にできないことは無いのです。

フォーカスの力とは、

お家の100ワットの電球の光を、
一点に集めレーザーのようにすると、
鋼鉄を切断できたり、

太陽光線を、虫眼鏡などで一点に集めると、
数秒で1200℃を超えて火が付いたり、

それくらい、フォーカスすることはパワフルなのです。

この力を有効に使えば、
多くのことを達成できます。

さらには、
フォーカスを有効活用するコツは、

質と量

をコントロールすることです。

質 = 集中
量 = 持続時間

スポーツやビジネスの世界では、
1万時間の法則というものがあります。

プロ野球選手になる子供は、
8歳(小学3年)から、
毎日3時間
の練習を
10年間やった子です。

3時間 × 365日 = 1095時間
1095時間 × 10年 = 10,950時間

ビジネスの世界でも、
それなりに真剣に仕事に取り組めば、
7年で一人前になれるとされています。

6時間 × 250日 = 1500時間
1500時間 × 7年 = 10,500時間

平均なので、始める年齢ややり方に応じて
個体差はありますが、
とにかく、合計で1万時間やれば、
それなりの目標は達成できるという法則です。

しかし、
この法則のポイントは、

質 = 集中

の違いで、結果がかなり変わってしまうということです。

集中 = フォーカス

このレベルの違いで、
結果の成否までの時間に差がつくのです。

何度も言うように、
多くの人が時間をかけても達成できない最大の理由が、
このフォーカスの力が弱すぎるからなのですが、

逆に言えば、
フォーカス筋を鍛えて強くすれば、
掲げた目標を達成するのは、
難しいことではないのです。

前置きが長くなりましたが、
最後に、
フォーカス筋の鍛え方をお伝えします。

フォーカス筋を鍛えるためには、

集中を妨げるモノを排除することが必須です。

集中を妨げるモノとは?

・自分でコントロールできないもの

視覚情報、聴覚情報、中毒、マルチタスク、邪魔者

目標達成に関係ないモノは、
目と耳に入らないようにしてください。
他人が不幸になった、トラブルで大変だ!とかのニュースなどは排除してください。

砂糖、スマホ、SNS、依存などの肉体が中毒になるモノを排除してください。

勉強、トレーニング中に、音楽を聞いたり、複数のことを同時にすることを辞めてください。
音楽は、これらが終わったら聞けばいいです。

自分のことを批判したり、足を引っ張る人との付き合いを断ち切ってください。
断てないなら、無視、いなしで対応してください。
(ダメ出し、嫌味、小言を言う人は邪魔者です)

周りや他人に、自分の行動を妨げさせてはいけません。

全てを自分がコントロール出来る環境を創ってください。

もうお気付きかもしれませんが、
【幸せな秀才児の育て方】のノウハウには、

この他人からの支配を断ち切るテクニックが沢山盛り込まれています。

他人に邪魔されず自分らしく輝くために、
【肉体】と【心】を鍛え、
社会で勝ち抜いていくことが、

確実に目標を達成するための最短ルートです。

目移りするのも辞めましょう。

10年後に、
確実にリターンが見込めると思ったものだけに集中(フォーカス)しましょう。

【幸せな秀才児の育て方】にフォーカスした親子の結果は・・・

いうまでもありませんね。

このメソッドでは、
世界一のスーパー天才児を育成することはできませんが、

日本トップレベル、
全国レベル、
県でトップ、

位なら、簡単になることができます。
(既に実例が沢山あります)

自分で決めて、
フォーカスして、
継続してください。

そして、
あなた自身と、家族の未来を明るくしてください。

あなたの人生が、
どんどん楽しいものになることを願っています。

質問などあれば、
いつでもどんなことでもメールください。

またお会いできることを楽しみにしております。

いつも本当にありがとうございます。

佐藤大輔

——————————————————-
■ 佐藤大輔メールアドレス(直通)
kodomo@tensk.jp

佐藤大輔(天輔)の著書一覧;
https://amzn.to/34ONfQH