溝口式分析学とは?

アメリカの行動分析学とプロファイリングをベースに10万人以上、800社以上で実践、検証し磨かれた門外不出の分析学

溝口式分析学は、溝口耕児氏がアメリカで学んだ社会心理学、行動心理学、行動分析学
(プロファイリング)を基に、10万人を超える個人と、800社を超える法人へのアドバイスの中で、実践、検証された独自の手法です。

圧倒的な実践と実績によって裏付けられた分析学を使うことで、
相談者やクライアントがどの業種・職種で活躍できるのかという「能力的な強み」
どういったことでモチベーションが上がり、目標に向かって行動し続けられるのかという
「性格・行動面での傾向」、年・月・日・時間単位で起こる心と体の調子の波を知り、
行動すべきタイミングをピンポイントで押さえられる「長期・短期の行動指針」といった情報が手に取るようにわかります。

こうした情報を元に、
相談者やクライアントの夢やビジョンを最短距離で実現する道筋を描き、アドバイスする事が可能になります。組織や複数の人間関係であれば、お互いの関係性や成果の出やすい組み合わせなどもアドバイスできます。

一般のカウンセラー、コーチ、コンサルタント、経営者は、相手の話を聴いて整理したり、推測したり、自分の経験からアドバイスすることしかできません。
しかし、溝口式分析学を学んだメンタルセラピストは、分析精度が高いデータを元に相手という人間を理解できるからこそ、
クライアント自身よりもクライアントの本質を理解してパーソナルアドバイスを行うことができるのです。
溝口式分析学を活用したアドバイスを受けることにより、
身近な人間関係はもちろん、個人や組織に対する問題解決や、法人の経営、採用に活用し、最短での目標達成結果が出たというお声を頂いております。

分析サービス(プロファイリング)